ちょいラテンごはん―手軽で陽気なレシピ(2011, 荒井隆宏)

大好きなペルー料理の店「荒井商店」のオーナーシェフである荒井隆宏さんの著書だ。荒井さんは、若い頃はフランス料理の名店「オテル・ドゥ・ミクニ」で修行を重ね、その後ペルーに1年間滞在して現地の料理を学び、「荒井商店」をオープンした。店では、ペルーの伝統料理やおふくろの味を中心に、メキシコ、アルゼンチン、ブラジルなどラテンアメリカ各国で親しまれている料理が味わえる。

本書ではその本場の味を自宅で手軽に楽しむためのレシピが、荒井さんが自ら撮影した美しい写真とともに紹介されている。ラテンアメリカのサルサを、日本の家庭料理と組み合わせるなど、店では食べられない創作料理のアイディアも含まれている。料理を作ってみたくなるとともに、久しぶりに「荒井商店」を訪問したくなる。