プラダを着た悪魔(2006, デヴィッド・フランケル)

主人公アンディはジャーナリストを目指してニューヨークに来たが、希望していた仕事には就けず、まったく関心のなかったファッション誌のカリスマ編集長のもとでアシスタントとして働くことになる。本作は、アンディが周囲とぶつかりながら、もがき成長していく姿を描いている。アンディの上司であるミランダは、厳しく、気難しく、横暴だが、「プロフェッショナル」の中でも「一流」と世間に認められ活躍し続けてきた人物だ。彼女の下で、本気で学び、働くことで、アンディは自分の生きる道(Vocation)が何であるかを見出す。

会社員として働いていた20代の頃は、アンディの目線からこの映画を観ていた気がするが、今あらためて観ると、アンディとミランダの師弟関係、ミランダの生き方や働き方に興味が湧く。ベタな展開の映画ではあるが、いろんな楽しみ方ができる。