シャーマン・オン作 ヌサンタラー海は歌い風は我々を運ぶだろう(2017, サンシャワー:東南アジアの現代美術展@国立新美術館)

東南アジアの民族・宗教・文化の多様性をテーマにした作品を発表しているアーティストによるビデオ作品だ。中華系やマレー系といった移住者の生活、ディアスポラとしてのアイデンティティについて、6つのストーリーによって考えさせる。時間の都合ですべてを観られなかったのだが、定点カメラの前で、女性が移住者としての経験を語る映像を観た。一見、ドキュメンタリーかと思ったのだが、解説を読むと、実話に基づいたストーリーを出演者が作り込まれた空間で語ることで、現実とフィクションを交差させているらしい。方法としておもしろいと思った。ライフストーリーを、一旦解釈して、再構成して、フィクションの要素を入れることで、個別具体性とより大きなテーマの間をつなぎやすくすることができるかもしれないとも思った。