ラテンアメリカ 光と影の詩(1992, フェルナンド・E・ソラナス監督)

主人公の高校生マルティンは、アルゼンチンの最南端の町ウシュアイアに住んでいる。彼は、母と母の再婚相手である義父と暮らしていたが、ある時義父とケンカをして家を出る。彼が望んでいたのは、自転車で南米大陸を縦断しながら、生き別れた父を探すことだ。その過程で、南米大陸の大自然の荘厳さや歴史の尊さとともに、各国が抱えるさまざまな問題を目の当たりにする。南米大陸を旅しながらこの世界がどのように成り立っているかを学び、自分の生き方を模索していく様子は、『モーターサイクルダイアリーズ』における革命家エルネスト・ゲバラの物語と重なる部分もある。時折、マルティンの空想なのか、現実には起こりえないようなシーンが展開される。南米各国の政治経済の腐敗に対する、批判とユーモアに満ちている。南米に関心がある人、研究しようと思っている人にとっては、見逃せない作品だ。