Heart of the Community Parklet by Brose Partington(2016, Big Car Collaborative)

Project for Public Spaces(PPS)というNPOがある。都市における社交について論じたアメリカの評論家William (Holly) Whyteの考え方を受け継ぎ、それを発展させるために1975年につくられたNPOだ。PPSは、公共空間の活用、特にコミュニティを生み出し、育てるためのプレイスメイキングについて考え、世界各国でプロジェクトを企画・実践している。また世界各地での実践の事例や研究成果を収集して、ウェブサイトやFacebookで紹介してもいる。

先日、PPSのFacebookで、インディアナポリスにて地元のアーティストBrose Partingtonが制作したMobile Parkletに関する映像が紹介されていた。Parkletという言葉の意味をよく知らなかったのだが、公共空間を活用して憩いの場を創出することだということが、この映像を観てよくわかった。