しあわせはどこにある(2014, ピーター・チェルソム監督)

精神科医として日々多くの患者を診てきたヘクターは、患者たちの悩みを聞き、彼らに問いかけているうちに、「しあわせ」とは何かがわからなくなってしまう。そこで、パートナーのクララをおいて、「しあわせ」を探す旅にでる。中国、アフリカ、アメリカ…etc。旅先で出会った人びとや、各地で暮らす友人と時間を過ごしながら、どうしたら「しあわせ」になれるのか、「しあわせ」とは何なのか、どこにあるのかという問いに対する答えを集めていく。気づいたことはすぐさま、手帳にスケッチとことばで残す。この旅の目的は、「しあわせ」についての調査・研究だからだ。手帳に残されていく記録を見るのが楽しい。機内で出会った病人の女性に教えられたことがとても印象的だった。

Listening is loving. (話を聞くことは愛を示すことだ)