鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます(東京ステーションギャラリー)

東京ステーションギャラリーは、駅の歴史が刻まれたレンガを残した駅舎の一角にある。東京駅という日本最大級のターミナル駅の中にありながら、雑踏とは無縁で、静かで落ち着いた時間を過ごせる場所だ。東京駅付近で用事があると立ち寄る。2/12まで開催の本企画展の趣旨は、このギャラリーのコレクションを初めてまとめて公開することだ。展示エリアを「駅」にみたてて、「始発駅」に始まり「終点」まで、異なるテーマで作品が展示されていた。「始発駅」は〈鉄道絵画〉がテーマだったのだが、さまざまな時代、視点で描かれた東京駅が印象に残った。遠藤彰子さんの『駅』という作品は、見れば見るほど絵の中に吸い込まれてしまうような不思議な感覚になり、特に魅力的だった。