クリーニングデイ大会議(2018, クリーニングデイ・ジャパン)

1年に一度のクリーニングデイ大会議に参加してきた。クリーニングデイ・ジャパン事務局の詩子さんの主催で、かまくら長谷BASEにて開催された。「クリーニングデイ(Cleaning Day)」は、もともと、身の回りをクリーニング(掃除・整理)して、不要になったものをみんなで楽しく交換することを目的として、フィンランドで生まれたイベント。日本にこの活動を紹介し普及させているクリーニングデイ・ジャパン(http://cleaningday.jp/)では、モノを再利用するリユースやリサイクルだけでなく、モノに新しい価値や有用性を見出す「アップサイクル」というコンセプトを大切にしている。今や全国各地でさまざまなスタイルのクリーニングデイが開催されている。

大会議では、全国各地のクリーニングデイ主催者たちが集まり(オンラインでも)、実践の報告と意見交換を行った。私は、仲間と続けている「クリーニングデイ・ブックス」の報告をした。ちょうど1年前のこの大会議に参加したのをきっかけに、クリーニングデイ・ブックスの企画・実践を続けてきたので、1年を振り返る良い機会になった。全国でおもしろい活動をしている人たちと出会い、話を聞かせてもらい、多くを学んだ。クリーニングデイ主催者の人びとは、不用品を単に交換したり売買するのではなく、新しい価値を加えようという「アップサイクル」の考え方を大切にしているので、クリエイティブな知恵や工夫の話がとてもおもしろかった。また来年の大会議を楽しみに、実践を続けていきたいと思う。