天安門隔壁,他用40萬改造80㎡老房子(2018, 一条 YIT)

中国のオンラインライフスタイル動画チャンネルで、北京のオールドタウンにある私設図書館が紹介されていた。歴史ある美しい街並みの中にただずむ小さな図書館に、魅了されてしまった。ナレーションが中国語なので詳しいことはわからないが、北京出身の店主がこの街を訪れたときにこのエリアの魅力を知り、2ヶ月間かけて自ら古民家をリノベーションして図書館を作ったようだ。ここは、中国で初めての雑誌に特化した図書館だ。店内には、世界中から集められたと思われる、さまざまな雑誌がディスプレイされている。ここは、雑誌を買う場ではなく、雑誌に囲まれて心地よい時間を過ごす場なのだろう。場づくりにかける店主の思いや愛が、映像を観ているだけでも感じられる。この図書館を見に行くために北京に行きたいと思ってしまう。