学校が動いた!中学生の「カバン重い」動画(2018, 日テレNEWS24)

広島の中学生が作り話題となっている動画を観た。この動画は、学校で使う教材や部活の道具などが重すぎて、通学時に身体に負担がかかっているという問題を解決するために、ある中学校のPC放送部の生徒たちが制作したものだ。通学時の荷物を実際に運んでいる様子、その中身を紹介し、解決に向けた提案をしている。この動画を公開したことがきっかけになり、学校側が問題の解決に乗り出した。結局、教員が話し合いを重ねた結果、生徒に学校に保管する教材、持ち帰る教材の判断を任せることにして、荷物の軽減が実現したという。問題解決のためにクリエイティブに動画を使った事例として興味深い。