質的研究のピットフォール: 陥らないために/抜け出るために(2013, 萱間真美)

本書は、主に看護学の分野で研究をする人に向けて書かれているが、質的研究に興味がある人、質的研究を始めたばかりの人、質的研究で学位論文を執筆中の人は、分野に関係なく読むといいと思う。質的研究を実践している人が陥りやすい「ピットフォール=落とし穴」の数々と、そこに陥らないため/そこから抜け出すための対策が丁寧にわかりやすく記述されている。自分自身がこれまでにぶつかった問題もさることながら、これまで後輩たちから研究の相談をされたときに見えた問題の数々がここで取り上げられている。今後、研究の進め方で悩んでいる後輩にはまず本書を進めたい。すでに研究を順調に進められていると思っている人も、自分の研究を点検する意味で、この本を読むと良い気がする。