2018年6月18日神奈川新聞「公文書で振り返る昭和」

書籍『コミュニティ・アーカイブをつくろう!』を読んでから、「アーカイブ」に関わる情報に目がとまるようになった。研究室に「アーカイブ」に関心を持っているメンバーがいることの影響もあるかもしれない。この記事では、現在相模原市の市立公文書館で開催されている企画展が紹介されていた。市が所蔵している公文書を通じて昭和を振り返るというテーマの展覧会で、8月まで開催されている。今まで気にしたこともなかったが、多くの都道府県には「公文書館」なる施設が存在しているらしい。調べてみると、私が暮らす藤沢市は、「デジタル・アーカイブ」として市の文書館をウェブサイトとして開設している。こういう取り組みがあることを、どれだけの市民が知っているのだろうか。そしてどれだけの市民が活用しているのだろうか。