“わたしたちは、最愛の人としばしば離れ隔たったり、隔たった者がしばしばもっとも近い者であるような世界に住んでいる。”(ベック&ベック=ゲルンスハイム, 2014)

“We inhabit a world in which our loved ones are often far away and those from whom we are distant may well be those dearest to us.” (Beck & Beck-Gernsheim 2014)

移住と家族をめぐる民族誌的ドキュメンタリー

世界で国境を越えて移住する人びとが増加し続けています。異国の地に移動した人びとは、母国や他国で暮らす「家族」と国境をまたがるトランスナショナルな交流を続けます。本作は、「トランスナショナルな生活世界」を生きる彼/彼女の経験を映像で描き出すことを目的としています。5人の協力者それぞれに1年間に渡る調査を実施し、彼/彼女と協働して映像作品を制作しました。

「家族」とは何か。
「家族」になるため、「家族」であるために必要なことは何か。
移住と家族をめぐる5つの物語を通して考えてみませんか。

この映像作品『移動する「家族」』は、大橋香奈による博士研究「トランスナショナルな生活世界の映像民族的研究」の成果の一部です。構想段階を含め、足かけ4年間で完成しました。
撮影・監督:大橋香奈 2018年/日本語・英語/カラー/32分
2015・2016・2017年度日本生活学会生活学プロジェクト助成対象

An ethnographic documentary on migration and family

The number of migrants has been increasing around the world. Cross-border migrators create and maintain their “family,” which can never be contained within one country. They live in a “transnational life-world,” wherein they continue cross-border interaction among their family members who live in their home country or in other countries. The purpose of this project is to understand the experiences and thoughts of those who live in the “transnational life-world” through visual ethnographic method. I made an ethnographic documentary by doing collaborative research for over a year with each of five research participants.
What does “family” mean?
What is needed to be/become “family”?
Let’s think about these questions through the five stories on migration and family.

This is a part of the results of the doctoral research project “A visual ethnographic study on transnational life-world” by Kana Ohashi.
Filmed and directed by Kana Ohashi 2018/Japanese and English/Color/32 mins
Supported by Japan Society of Lifology (Lifology project 2015, 2016 and 2017)